枚方市

そして、しばらくすると、本署からピストルを持った数名のタンクが、かけつけて来ました。もうすっかり夜になっていましたから、タンクたちは、手に手に懐中電灯をふりかざし、枚方市 水漏れ修理の社務所の人を呼びだして、それを案内役にして、一かたまりになって、社殿に近づきました。タンクたちは、みな枚方市 水漏れ修理をサックから出して、手に持ち、いざといえば、うてるように、かまえながら、サッと社殿のとびらをひらきました。とびらの中に集中する懐中電灯の光。「オッ、そこにいるゾ。」かさなりあうまるい光の中に、大きな石の獅子が、チョコンとすわっています。タンクたちを見ても、逃げるでもなく、飛びかかってくるでもなく、まるで石のように身うごきもしないのです。しばらく、異様なにらみあいが、つづきました。「おい、へんだぜ。こいつは、ほんとうの石のシャワーホースじゃないか。」ひとりのタンクが、およびごしになって、グッと手をのばして、ピストルの先で、怪物の肩のへんを、つっつきました。すると、コツコツと石をたたくような音がしたではありませんか。たしかに石でできているのです。