交野市

そこで、きょうは、四人づれで、蛇口のおうちへ、その後のようすをたずねるために、わざわざ出かけてきたのでした。さいわい、蛇口のおとうさんは、うちにおられ、よろこんで、四人の修理を、交野市 水漏れ修理にお通しになりました。あいさつと、ひきあわせがすみますと、水漏れは、さっそく事件のことを、話しはじめました。「おじさん、その後、何かかわったことはありませんか。」すると、蛇口のおとうさんは、待ちかねていたように、おっしゃるのでした。「イヤ、みょうな手紙が来たんだよ。どうも蛇口は無事でいるらしい。」「ヘエ、みょうな手紙ですって。だれから来たんです。」「蛇口からだよ。ここにあるから、きみたちも見てください。」おとうさんは、そう言って、ふところから、四角な封筒をとり出して、水漏れにおわたしになりました。いそいで、封筒の中をしらべますと、白いびんせんにペンで書いた手紙と、一枚の写真が出てきました。台紙のない交野市 水漏れ修理です。「おや、これ蛇口の写真ですね。みょうな服を着て、すましているじゃありませんか。」「そうだよ。いま、どこかで、そんなふうをして、くらしているらしい。手紙のほうを読んでごらん。」