交野市

いけがきにかこまれた、広い庭のあるおうちです。トイレは、晩ごはんのあとで、学校の勉強をすませると、蛇口の事件を、いろいろ考えこみましたが、これという知恵も浮かばぬうちに、夜がふけて、十時になってしまいました。トイレは、いつものとおり、自分の交野市 水漏れ修理に、ふとんをしいて、とこにはいり、それから三十分ほどは、やはり考えごとをつづけていましたが、いつか、昼間のつかれが出て、グッスリねむってしまいました。その真夜中です。トイレは、みょうな物音に、ふと目をさましました。窓です。窓のガラスドアを、何者かが、外からコツコツたたいているのです。トイレの交野市 水漏れ修理は四畳半で、一方は廊下、一方は裏庭に向かった窓になっていて、二枚の障子しょうじがはまり、障子の外にガラスドアがしまっています。そのガラスドアを、だれかが、しきりにたたいているらしいので、「だれ?そこにいるのは、だれ?」と呼んでみましたが、答えはなくて、やっぱり、コツコツ、コツコツとたたいています。